2014年07月17日


PowerShell2.0 : 最初の設定( set-executionpolicy remotesigned の実行 )

set-executionpolicy remotesigned を実行する為には、コマンドプロンプトは、『管理者として実行』で開きましょう

set-executionpolicy remotesigned の実行は、PowerShell のコマンドの実行なので、コマンドプロンプトから、powershell.exe が実行された状態で行って下さい。


最初、スクリプトを実行しようとすると、エラーとなってget-help about_signing を参照するように求められます。

以下の部分が必要なところで、remotesigned 実行ポリシーに変更します
署名されているスクリプトの実行の許可
-------------------------------
コンピューター上で初めて Windows PowerShell を起動すると、通常は Restricted 実行ポリシー (既定値) が有効になります。

Restricted 実行ポリシーでは、すべてのスクリプトの実行が禁止されます。

コンピューター上の有効な実行ポリシーを調べるには、次のように入力します。

  get-executionpolicy

自分がローカル コンピューター上で作成した署名のないスクリプトおよび他のユーザーの署名が付けられたスクリプトを実行するには、次のコマンドを使用して、コンピューター上の実行ポリシーをRemoteSigned に変更します。

  set-executionpolicy remotesigned

詳細については、「Set-ExecutionPolicy」を参照してください。
関連する記事

PowerShell2.0 : 全ての日本語ヘルプファイル(テキスト)を作成するスクリプト
管理者権限でコマンドプロンプトを開く VBScript


タグ:PowerShell
posted by at 2014-07-17 13:59 | PowerShell2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日


最後に実行された Windows ベースのプログラムの終了コード : $LastExitCode

---------------------------------------------
PS C:\ps\test> .\fc
パラメータ不足
PS C:\ps\test> .\fc a
パラメータ不足
PS C:\ps\test> .\fc a b
ファイルを開けません
PS C:\ps\test> .\fc test_001.ps1 test_001.ps1
一致
PS C:\ps\test> .\fc test_001.ps1 test_002.ps1
不一致
PS C:\ps\test>
---------------------------------------------
$LastExitCode の説明はタイトルのままでそれ以上の説明は
ありません。以下のテストは、fc.exe を使った簡単なサンプル
で、fc.exe が出力するメッセージは表示されません
fc.exe $args[0] $args[1] 2>&1 | out-null
switch ($LastExitCode){
	-1 {
		"パラメータ不足"
	}
	2 {
		"ファイルを開けません"
	}
	1 {
		"不一致"
	}
	0 {
		"一致"
	}
}



posted by at 2010-04-07 14:22 | PowerShell2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日


各WindowsOS用 PowerShell2.0 のダウンロード( XP以降 )

普通に探すと見つかりにくいかもしれません

Windows 管理フレームワーク (Windows PowerShell 2. 0、WinRM 2. 0、および BITS 4. 0)

XP では、何故か「アクセサリ」に登録されたので、PowerShell 統合スクリプト環境 (ISE)
はそこから起動できます

Ps_ise

また、この環境のプロファイルは、コンソールとは別になっているので
新たに作成する必要があります。

関連する記事

PowerShell2.0 : プロファイルの作成


posted by at 2010-03-31 11:18 | PowerShell2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PowerShell2.0 : プロファイルの作成

初期状態では、プロファイルは作成されていないようで、作成するファイルの
パスは $profile に格納されているので、以下のコードで作成します。コンソ
ールに貼り付けた後、エンターキーを二回押して実行して下さい。

if (!(test-path $profile))
	{new-item -type file -path $profile -force}
作成後、そのファイル( Microsoft.PowerShell_profile.ps1 )をテキストエディタ
で開いて、コマンドを書いておくと、起動時に有効となります。例えば以下は、
Variable ブロバイダに移動する var: という関数を作成します。
new-item -path function: -value {set-location variable:} -name var: | Out-Null
関連する記事

PowerShell2.0 : Variable プロバイダ


タグ:PowerShell
posted by at 2010-03-31 10:49 | PowerShell2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日


PowerShell2.0 : Variable プロバイダ


全ての変数を持つ名前空間で、ファイルシステムのような階層はありません。
変数名の頭に $ を付加させる記法は変数の内容を参照する為のショートカッ
トです。
set-variable -name a -value 10
set-variable -name b -value (get-variable -name a).value
get-variable -name b

Name                           Value
----                           -----
b                              10
set-location variable: で移動して、dir(get-childitem) を実行する事で表示可能です。
自分自身を含む他のドライブから以下の構文でも同じ結果を得る事ができま
す。

get-childitem -path variable:

-----------------------------------------------------------
Name                           Value
----                           -----
$
?                              True
^
_
args                           {}
ConfirmPreference              High
ConsoleFileName
DebugPreference                SilentlyContinue
Error                          {}
ErrorActionPreference          Continue
ErrorView                      NormalView
ExecutionContext               System.Management.Automation.EngineIntrinsics
false                          False
FormatEnumerationLimit         4
HOME                           C:\Documents and Settings\lightbox
Host                           System.Management.Automation.Internal.Host.InternalHost
input                          System.Collections.ArrayList+ArrayListEnumeratorSimple
MaximumAliasCount              4096
MaximumDriveCount              4096
MaximumErrorCount              256
MaximumFunctionCount           4096
MaximumHistoryCount            64
MaximumVariableCount           4096
MyInvocation                   System.Management.Automation.InvocationInfo
NestedPromptLevel              0
null
OutputEncoding                 System.Text.ASCIIEncoding
PID                            804
PROFILE                        C:\Documents and Settings\lightbox\My Documents\WindowsPowe...
ProgressPreference             Continue
PSBoundParameters              {}
PSCulture                      ja-JP
PSEmailServer
PSHOME                         C:\WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0
PSSessionApplicationName       wsman
PSSessionConfigurationName     http://schemas.microsoft.com/powershell/Microsoft.PowerShell
PSSessionOption                System.Management.Automation.Remoting.PSSessionOption
PSUICulture                    ja-JP
PSVersionTable                 {CLRVersion, BuildVersion, PSVersion, WSManStackVersion...}
PWD                            C:\ps\test
ReportErrorShowExceptionClass  0
ReportErrorShowInnerException  0
ReportErrorShowSource          1
ReportErrorShowStackTrace      0
ShellId                        Microsoft.PowerShell
StackTrace
true                           True
VerbosePreference              SilentlyContinue
WarningPreference              Continue
WhatIfPreference               False


posted by at 2010-03-30 23:27 | PowerShell2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする